一人暮らし向けの住宅とは

たくさんの荷物を持っている人

収納スペースを見よう

たくさん荷物を収納できる間取りが良い場合は、1DKにした方が良いです。
部屋が広くなるので、収納スペースも増えます。
ですがその分、賃料も他の間取りに比べて高くなることを覚えておきましょう。
1DKは、毎月の賃料が10万円を越えるところが多いです。
もし賃料を支払い続けることができるのか不安を感じている場合は、地域ごとの相場を調べてみましょう。

場所が変われば価格相場も変わります。
収納スペースが多い部屋でも、10万円以下で借りられるところが見つかるかもしれません。
予算が少ないからと言って、無理に収納スペースの少ない部屋を選択することはおすすめできません。
それでは荷物が散乱して、常に部屋が汚い状態になってしまいます。

ロフトのある間取り

ロフトという存在を、みなさんは知っていますか。
室内に階段やはしごがあって、そこから登れるようになっているスペースのことを言います。
荷物を置いても良いし、布団を敷いて就寝する場所にしても良いでしょう。
ロフトがあるだけでも収納スペースが増えるので、おすすめの間取りです。
部屋が広くなる訳ではないので、ロフト付きの賃貸でも価格はそこまで高額になりません。

収納スペースの多い賃貸が良いと思っても、予算の都合で難しいかもしれません。
その場合は、ロフト付きの賃貸を選択できないか考えてください。
部屋数の多い賃貸を選択した時よりも、ロフト付きの賃貸の方が安い賃料で済ませられます。
ロフトを上手く活用して、生活を送っていきましょう。